ナースたちからのアドバイス

ナースたちからのアドバイス

ナースにとって、もっともありがたいアドバイスは、やっぱり同じナースからアドバイス。
それも、年長の人からのアドバイスはありがたいものです。

 

でも、同じ職場だと、いろいろなことがあって、素直に話が聞けなかったりしますね。
そんなとき、信頼できる先輩ナースのひと言が、苦境から救ってくれたりします。
そんなひと言や、そんなことあるある、といった話を載せていきますので、ご覧ください。

 

いま人気の求人サイト「看護のお仕事」
↓の「看護のお仕事」のコンサルタントに相談してみましょう。
http://kango-oshigoto.jp

ナースたちからのアドバイス記事一覧

夜勤専従などのバイトで収入アップ

ナースの仕事は職場によって、給料が大きく違うことがあります。大学病院など目が回るほど忙しいのですが、やはり、そうなると、他の職場に比べてだいたいは給料が高いものです。忙しくて充実感があり、スキルもアップしていくのですが、どうしても、心が殺伐としてくる面があります。気持ちに余裕がないんですね。皆が忙し...

≫続きを読む

長い目でキャリアアップすることを考える

看護師が転職しようとする動機には、人間関係のこじれという理由がかなり多いのです。女の人が大半を占める職場ということと、忙しく、人の命を預かるという緊張感もあり、ちょっとしたことからイザコザが起きるようです。それによってイライラしやすくなり、人間関係が難しい、となってしまうのでしょう。場合によっては、...

≫続きを読む

転職は1月か6月がおすすめ

看護職の人のジョブチェンジにおいて適時としては、大半の人は賞与が出てから退職するため、具体的には1月、6月がおすすめです。実際に看護スタッフを補充したいところは幾らでもありますが、勤労条件がよりマッチする勤め先を見つけるためにも、約90日ほどは新しい仕事場を捜す時だと考えて、落ち着いて情報収集するの...

≫続きを読む

転職回数が多すぎるのは・・・

ナースでも転職回数が多いと悪いイメージにつながるかというと、確実にそうとは限っていません。転職回数が多くても、自己PRのやり方次第では、仕事経験が豊富で、やる気があるというイメージとなることもありえます。でも、勤務の期間があまりにも短いときは、採用後、すぐ辞めると思ってしまう可能性が高いでしょう。ナ...

≫続きを読む

転職するときにクリアすることは

ナースが仕事を変える時のステップとしては、始めにどのような労働条件をもとめているかをクリアーにしておくのが大切です。夜勤はできない、週に2日は必ず休む、患者が亡くなる職場は遠慮したい、子どもが病気のときには休みたい、など優先したいことは人によっていろいろ違ってきます。看護スタッフを補充したい病院など...

≫続きを読む

新しい職種を選ぶときには

一般的な場合と同様に、看護スタッフが別な勤務先にエントリーし立ときも、採用・不採用の鍵を握るのが就職面接です。面接担当官に悪印象だと、ナースは人手不足といえど不合格になる可能性があります。良い雇用環境と思われるしごと場はライバルがその分多数いると考えて、緊張感を失わず不足なく対策をたてて採用面接にむ...

≫続きを読む

転職して条件が違った場合にするべきこと

転職してからの話ですが、よくあるのは条件が違うことです。金銭面では数字ではっかりしているので、あまり問題はありませんが、やはり、夜勤の日数などで問題が起きます。病院側はどうしても夜勤をしてもらいたいので、最初は、夜勤は月に2回といっていても、それが3回、4回と増えていってしまいます。ほかの人のことも...

≫続きを読む

看護師が働きやすい職場とは

看護師として働く時、自分が働いている病院の事について振り返ることがあります。それはその病院で働いていていいのだろうかと思うのです。その一つに、働きやすい職場であるのだろうかと感じるのです。働きやすい職場の一つに、残業が少ないということがあります。残業が多いと、体の回復力が遅くなります。すると、気持ち...

≫続きを読む

融通がきく病院を選ぶ

看護師として働きやすい病院の第一条件としてあげられるのは、自分の条件に合わせて勤務体制を変更してくれる病院だと思います。今私が勤務している病院では年に2度、病棟の係長との面談が設けられており、自分の今の働き方に問題がないか尋ねられます。例えば、子供の送迎があるので夕方もっと早く帰りたい。勤務を時間短...

≫続きを読む