転職するときにクリアすることは

転職するときにクリアしておくこととは

ナースが仕事を変える時のステップとしては、始めにどのような労働条件をもとめているかをクリアーにしておくのが大切です。

 

夜勤はできない、週に2日は必ず休む、患者が亡くなる職場は遠慮したい、子どもが病気のときには休みたい、など優先したいことは人によっていろいろ違ってきます。

 

看護スタッフを補充したい病院などはたくさんあるので、条件に合わない勤務先で仕事を続けることはありません。

 

看護職員の方がしごとで転機だと感じたら、オンラインの求人ホームページを使うのもよいでしょう。

 

看護職の募集は、職業安定所や求人情報誌には出てこない案件もあります。

 

その点、看護専門のオンライン求人サービスには、登録者のみ閲覧できる求人オファーがある上、気になる組織風土などを担当のコンサルタントに確認できます。

 

それに、給与金額、労働時間、保険、休暇などについて、コンサルタントが折衝してくれるケースもあります。

 

そのうえ、看護師の転職ホームページにお祝い金をもらえるところが結構あります。

 

その金額がときには10万円を超えることもあるというから驚きです。

 

お金をもらえて、転職できれば言うことはありませんね。

 

でも、お祝い金をもらうためには、いくつかの条件があるようですから、事前に確認しておくとよいでしょう。

 

また、お祝い金がない転職ホームページではサービスが充実しているということもあります。

 

お祝い金も大切ですが、もっとも適した、有利な転職先をさがすのが第一ですから、それを忘れないようにしましょう。

 

看護師は、いまでは幼稚園や高齢者施設でも求められる存在ですから、いろいろな職場を選ぶことができます。

 

それだけに悩むことも多いでしょうが、転職するときにはきっぱりとした意志で決めるとよいでしょう。

 

きっぱりとした意志とは、次にどんな仕事をして、どんなキャリアを積みたいか、ということです。

 

それさえしっかりしていれば転職が何回もあったとしても印象が悪くなることはありません。

 

うまく自分のことをアピールできれば、意欲的でよい経験をしてきたと思われるでしょう。

 

「ここでは絶対長く勤務します」ということを働く理由や家族の状況などを背景にうまく説明することが重要です。

 

相手方も、「この人はしっかりした意志をもち、こちらで長く働いてくれそうだ」という感触を得れば、必ず雇うことにするはずです。

 

その辺りの心理も踏まえ、うまく転職活動を進めましょう。

 

 

↓の「看護のお仕事」のコンサルタントに相談してみましょう。
http://kango-oshigoto.jp

 

関連ページ

夜勤専従などのバイトで収入アップ
ナースの仕事は職場によって、給料が大きく違うことがあります。
長い目でキャリアアップすることを考える
看護師が転職しようとする動機には、人間関係のこじれという理由がかなり多いのです。
転職は1月か6月がおすすめ
看護職の人のジョブチェンジにおいて適時としては、大半の人は賞与が出てから退職するため、具体的には1月、6月がおすすめです。。
転職回数が多すぎるのは・・・
ナースでも転職回数が多いと悪いイメージにつながるかというと、確実にそうとは限っていません。
新しい職種を選ぶときには
一般的な場合と同様に、看護スタッフが別な勤務先にエントリーし立ときも、採用・不採用の鍵を握るのが就職面接です。
転職して条件が違った場合にするべきこと
転職してからの話ですが、よくあるのは条件が違うことです。金銭面では数字ではっかりしているので、あまり問題はありませんが、やはり、夜勤の日数などで問題が起きます。
看護師が働きやすい職場とは
看護師として働く時、自分が働いている病院の事について振り返ることがあります。それはその病院で働いていていいのだろうかと思うのです。
融通がきく病院を選ぶ
看護師として働きやすい病院の第一条件としてあげられるのは、自分の条件に合わせて勤務体制を変更してくれる病院だと思います。