ナースたちからのアドバイス

看護師が働きやすい職場とは

看護師として働く時、自分が働いている病院の事について振り返ることがあります。
それはその病院で働いていていいのだろうかと思うのです。

 

その一つに、働きやすい職場であるのだろうかと感じるのです。
働きやすい職場の一つに、残業が少ないということがあります。
残業が多いと、体の回復力が遅くなります。

 

すると、気持ちまで辛くなってくるのです。

 

体が疲れてしまうことによって、投げやりな仕事となってしまうことがあるのです。

 

そのため、健康に働くということは、とても大切なことであると感じます。

 

そして残業が少ないことは、看護師が働く職場としてはとても大切な事ですね。

 

そのことを思った時、その病院が忙しいということはわかりますが、それではいけないということもあると感じます。

 

それは収益を得る為に、仕方のないことないこともわかります。

 

しかし、働きにくいと感じてしまうのは、その忙しいのがいつまで続くのだろうと思う事なのです。

 

もしもその先が見えるようにあったら、我慢をすることができます。

 

いっときの忙しさであるなら、大丈夫なのです。

 

しかし、ダラダラといつまでたっても忙しい日々が続くと、不安になるのです。

 

そしてその結果、転職をしたいという気持ちになってしまいます。

 

そのことを思うと、働きやすい職場というのは、そのことについて病院全体が真剣に取り組んでいるのかということが大事ですね。

 

そしてそのことについて、アクションを起こしている事が大事なのです。

 

働きやすい職場作りなど、職員の目標で上げてくれると嬉しいですね。

 

↓の「看護のお仕事」のコンサルタントに相談してみましょう。
http://kango-oshigoto.jp

関連ページ

夜勤専従などのバイトで収入アップ
ナースの仕事は職場によって、給料が大きく違うことがあります。
長い目でキャリアアップすることを考える
看護師が転職しようとする動機には、人間関係のこじれという理由がかなり多いのです。
転職は1月か6月がおすすめ
看護職の人のジョブチェンジにおいて適時としては、大半の人は賞与が出てから退職するため、具体的には1月、6月がおすすめです。。
転職回数が多すぎるのは・・・
ナースでも転職回数が多いと悪いイメージにつながるかというと、確実にそうとは限っていません。
転職するときにクリアすることは
ナースが仕事を変える時のステップとしては、始めにどのような労働条件をもとめているかをクリアーにしておくのが大切です。
新しい職種を選ぶときには
一般的な場合と同様に、看護スタッフが別な勤務先にエントリーし立ときも、採用・不採用の鍵を握るのが就職面接です。
転職して条件が違った場合にするべきこと
転職してからの話ですが、よくあるのは条件が違うことです。金銭面では数字ではっかりしているので、あまり問題はありませんが、やはり、夜勤の日数などで問題が起きます。
融通がきく病院を選ぶ
看護師として働きやすい病院の第一条件としてあげられるのは、自分の条件に合わせて勤務体制を変更してくれる病院だと思います。