ナースたちからのアドバイス

単発の夜勤専従バイトがオススメです

ナースの仕事は職場によって、給料が大きく違うことがあります。

 

大学病院など目が回るほど忙しいのですが、やはり、そうなると、他の職場に比べてだいたいは給料が高いものです。

 

忙しくて充実感があり、スキルもアップしていくのですが、どうしても、心が殺伐としてくる面があります。

 

気持ちに余裕がないんですね。

 

皆が忙しいので、どうしても気配りに欠けてしまいます。

 

そのせいか、どうしても人間関係に問題ができてしまうのです。

 

だから、仕事のことではなくて、人間関係のことで辞めるナースが多いのです。

 

 

その反対に、忙しくない職場もあります。

 

定時できっかり終わるような福祉系の老人病院のようなところです。

 

糖尿病専用の病院もそうですね。

 

決まった仕事で、9時から18時までで、突然の仕事もほとんどありません。

 

でも、仕方ないのですが、お給料は安い。

 

でも、落ち着いた雰囲気で、のんびり働けますから、あまり辞めるナースはいません。

 

のんびりしていれば、やはり人間関係もスムーズなんですよね。

 

ナースの職場は、超いそがしいか、のんびりしているかに二分されるところがあります。

 

給料がよくて忙しいか、給料は少なめだけどのんびりしているのか。

 

どちらを選ぶかは、その人次第ですね。

 

ただ、1つ選択肢があるとすれば、のんびりした職場にいて、ときどきバイトをするという手があります。

 

私は、夜勤専従などの単発バイトを、ときどきしています。

 

ときには2万円前後のお金がでるところもあって、とても助かっています。

 

看護師求人サイトに登録して、単発の割のいいバイトを見つけるんです。

 

月に何回か働いて数万円の収入が入れば、本当に助かりますよね。

 

体調が許す範囲にしないといけませんが、これは本当におすすめです。

 

ナースで比較的のんびりした職場で働いているなら、一度試してみたら如何でしょうか。

 

いま人気の求人サイト「看護のお仕事」
↓の「看護のお仕事」のコンサルタントに相談してみましょう。
http://kango-oshigoto.jp

関連ページ

長い目でキャリアアップすることを考える
看護師が転職しようとする動機には、人間関係のこじれという理由がかなり多いのです。
転職は1月か6月がおすすめ
看護職の人のジョブチェンジにおいて適時としては、大半の人は賞与が出てから退職するため、具体的には1月、6月がおすすめです。。
転職回数が多すぎるのは・・・
ナースでも転職回数が多いと悪いイメージにつながるかというと、確実にそうとは限っていません。
転職するときにクリアすることは
ナースが仕事を変える時のステップとしては、始めにどのような労働条件をもとめているかをクリアーにしておくのが大切です。
新しい職種を選ぶときには
一般的な場合と同様に、看護スタッフが別な勤務先にエントリーし立ときも、採用・不採用の鍵を握るのが就職面接です。
転職して条件が違った場合にするべきこと
転職してからの話ですが、よくあるのは条件が違うことです。金銭面では数字ではっかりしているので、あまり問題はありませんが、やはり、夜勤の日数などで問題が起きます。
看護師が働きやすい職場とは
看護師として働く時、自分が働いている病院の事について振り返ることがあります。それはその病院で働いていていいのだろうかと思うのです。
融通がきく病院を選ぶ
看護師として働きやすい病院の第一条件としてあげられるのは、自分の条件に合わせて勤務体制を変更してくれる病院だと思います。