長い目でキャリアアップすることを考える

長い目でキャリアアップすることを考える

看護師が転職しようとする動機には、人間関係のこじれという理由がかなり多いのです。

 

女の人が大半を占める職場ということと、忙しく、人の命を預かるという緊張感もあり、ちょっとしたことからイザコザが起きるようです。

 

それによってイライラしやすくなり、人間関係が難しい、となってしまうのでしょう。

 

場合によっては、イジメっぽいことや、看護課長などの上司からのパワハラがあったりして、転職となることがあるようです。

 

辛い環境のもとで耐え忍ぶのはやめたほうがいいでしょう。

 

心身ともに疲れ果てて、倒れてしまいかねません。

 

そんなときは、新たな環境を探すとよいでしょう。

 

このようなご時世でも、ナースにはいくらでも働き口があるからです。

 

じっとガマンするだけ損なのです。

 

でも、次の転職先を決めてから、退職しましょうね。

 

そうでないと、じっくり決められませんから。

 

 

今なら、いわゆる看護師の人のための転職ホームページで探すのがいいでしょう。

 

多くの看護師求人サイトでは祝い金をくれるところがありますしね。

 

10万円とか、くれるんですよ。

 

これは実際のところも、転職する病院などからの手付け金ということなんですけどね。

 

それくらい人材が欲しい、ということです。

 

まあ、そんなことは置いておいて、大事なのは自分のキャリアです。

 

キャリアアップを目さして転職を考えるのがやはり一番大切です。

 

看護師としてのキャリアをアップすることで、今後、さらに収入を増やすこともできます。

 

転職サイトや口コミで、さまざまなナースの仕事を探してみてください。

 

内科の外来が合うと感じる人もいれば、特養が合うという人も存在するので、いろいろ調べてみてくださいね。

 

↓の「看護のお仕事」のコンサルタントに相談してみましょう。
http://kango-oshigoto.jp

関連ページ

夜勤専従などのバイトで収入アップ
ナースの仕事は職場によって、給料が大きく違うことがあります。
転職は1月か6月がおすすめ
看護職の人のジョブチェンジにおいて適時としては、大半の人は賞与が出てから退職するため、具体的には1月、6月がおすすめです。。
転職回数が多すぎるのは・・・
ナースでも転職回数が多いと悪いイメージにつながるかというと、確実にそうとは限っていません。
転職するときにクリアすることは
ナースが仕事を変える時のステップとしては、始めにどのような労働条件をもとめているかをクリアーにしておくのが大切です。
新しい職種を選ぶときには
一般的な場合と同様に、看護スタッフが別な勤務先にエントリーし立ときも、採用・不採用の鍵を握るのが就職面接です。
転職して条件が違った場合にするべきこと
転職してからの話ですが、よくあるのは条件が違うことです。金銭面では数字ではっかりしているので、あまり問題はありませんが、やはり、夜勤の日数などで問題が起きます。
看護師が働きやすい職場とは
看護師として働く時、自分が働いている病院の事について振り返ることがあります。それはその病院で働いていていいのだろうかと思うのです。
融通がきく病院を選ぶ
看護師として働きやすい病院の第一条件としてあげられるのは、自分の条件に合わせて勤務体制を変更してくれる病院だと思います。