融通がきく病院を選ぶ

おすすめの勤務病院は融通がきく病院だと思います

看護師として働きやすい病院の第一条件としてあげられるのは、自分の条件に合わせて勤務体制を変更してくれる病院だと思います。
今私が勤務している病院では年に2度、病棟の係長との面談が設けられており、自分の今の働き方に問題がないか尋ねられます。

 

例えば、子供の送迎があるので夕方もっと早く帰りたい。
勤務を時間短縮して30分早く帰れるようにしたいとか、3交代の夜勤の深夜の勤務をなくして準夜のみにして欲しいなどです。
看護師によっては、子供がまだ3歳未満ということで正社員であっても夜勤を免除してもらっている人もいます。

 

面談の希望がすべて通るとは言えませんがなるべく意向にそうように、勤務を配慮してもらえます。
このような配慮があるので、たとえ急病の看護師が出て日勤あけの深夜など無理な勤務体制に遭遇してしまったとしても、仕方ないと納得できます。

 

もともとうちの病院は働いている看護師の人数に余裕を持たせてシフトを組んでいることもあるため、このような融通が効くのだと思います。
病院によってはギリギリの人数でシフトを組んでいるところもあると思います。
友人が働く病院では、病欠で休むときも文句を言われる場合もあるそうです。

 

そういう病院で勤務するとストレスがたまりますよね。
そういった点からも、今働いている病院のように勤務を融通してくれる病院は、非常に有り難いし働きやすいです。
転職を考えている看護師は、こういった融通が効くかどうかの口コミを見て探すというのも良いと思います。

関連ページ

夜勤専従などのバイトで収入アップ
ナースの仕事は職場によって、給料が大きく違うことがあります。
長い目でキャリアアップすることを考える
看護師が転職しようとする動機には、人間関係のこじれという理由がかなり多いのです。
転職は1月か6月がおすすめ
看護職の人のジョブチェンジにおいて適時としては、大半の人は賞与が出てから退職するため、具体的には1月、6月がおすすめです。。
転職回数が多すぎるのは・・・
ナースでも転職回数が多いと悪いイメージにつながるかというと、確実にそうとは限っていません。
転職するときにクリアすることは
ナースが仕事を変える時のステップとしては、始めにどのような労働条件をもとめているかをクリアーにしておくのが大切です。
新しい職種を選ぶときには
一般的な場合と同様に、看護スタッフが別な勤務先にエントリーし立ときも、採用・不採用の鍵を握るのが就職面接です。
転職して条件が違った場合にするべきこと
転職してからの話ですが、よくあるのは条件が違うことです。金銭面では数字ではっかりしているので、あまり問題はありませんが、やはり、夜勤の日数などで問題が起きます。
看護師が働きやすい職場とは
看護師として働く時、自分が働いている病院の事について振り返ることがあります。それはその病院で働いていていいのだろうかと思うのです。