ナースたちからのアドバイス

ナースの転職は1月か6月がおすすめ

看護職の人のジョブチェンジにおいて適時としては、大半の人は賞与が出てから退職するため、具体的には1月、6月がおすすめです。

 

実際に看護スタッフを補充したいところは幾らでもありますが、勤労条件がよりマッチする勤め先を見つけるためにも、約90日ほどは新しい仕事場を捜す時だと考えて、落ち着いて情報収集するのが安心です。

 

すぐにでも次の仕事場へ行きたい事由がある人以外は、数多くの求人オファーが出てくる時機まで待機すると無駄がないでしょう。

 

看護専門職が違う仕事先に変わる時も、十分な対策を必要とするのが採用面接です。

 

面接者の評価が良くなければ、看護スタッフが足りない状況にも関わらずご縁がなかっ立ということにもなるのです。

 

良い雇用環境と思われる仕事場はライバルがその分多数いると考えて、気を抜かないで万全を期し面接試験に行くようにしてください。

 

クリーンな印象のファッションで、イキイキと応対するのがポイントです。

 

子育てを優先するために転職をする看護師も少なくないです。

 

特に看護師の場合には子育てと仕事とを両立させるのが大変なので、日中のみはたらくことができたり、出勤日が少ない職場での勤務だったりが見つかると良いでしょうね。

 

育児に専念する間のみ看護師をやめるという人も多くいますが、お金がなければ育児ができないので、看護師の資格を利用できる別の仕事を見つけた方がいいでしょう。

 

↓の「看護のお仕事」のコンサルタントに相談してみましょう。
http://kango-oshigoto.jp

関連ページ

夜勤専従などのバイトで収入アップ
ナースの仕事は職場によって、給料が大きく違うことがあります。
長い目でキャリアアップすることを考える
看護師が転職しようとする動機には、人間関係のこじれという理由がかなり多いのです。
転職回数が多すぎるのは・・・
ナースでも転職回数が多いと悪いイメージにつながるかというと、確実にそうとは限っていません。
転職するときにクリアすることは
ナースが仕事を変える時のステップとしては、始めにどのような労働条件をもとめているかをクリアーにしておくのが大切です。
新しい職種を選ぶときには
一般的な場合と同様に、看護スタッフが別な勤務先にエントリーし立ときも、採用・不採用の鍵を握るのが就職面接です。
転職して条件が違った場合にするべきこと
転職してからの話ですが、よくあるのは条件が違うことです。金銭面では数字ではっかりしているので、あまり問題はありませんが、やはり、夜勤の日数などで問題が起きます。
看護師が働きやすい職場とは
看護師として働く時、自分が働いている病院の事について振り返ることがあります。それはその病院で働いていていいのだろうかと思うのです。
融通がきく病院を選ぶ
看護師として働きやすい病院の第一条件としてあげられるのは、自分の条件に合わせて勤務体制を変更してくれる病院だと思います。