違う職種へ転職するときの注意とは

違う職種へ転職するときの注意とは

専門職である看護師が転職を考える際、違う職種へ転職しようと思う人も多いようです。
違った職種であったとしても、看護師の資格を活用できる場所は、幼稚園などの教育施設やや老人施設など多くの職場があります。

 

看護専門職が違う職場を選んだとき、多くの人が応募した理由を説明するのが難しかったりします。
どういう理由で、その勤務先を希望したのか、相手方に好印象となるように示すのはそれほど簡単ではありません。

 

高給料であるとか、休みをきちんととりたい、というのは勤務条件の利点を並べるのに比較して、ナースとしてスキルアップしたいといった、将来性を連想指せる志願内容が比較的、受け入れやすいものです。
実際、看護師が転職する理由は、人間関係が難しいからという人がたくさんいます。

 

女性の多い職場ですし、イライラすることが多くなりがちであり、人間関係が大変になったとい人が多いと言われています。
一部には、パワハラやいじめが転職を考えるきっかけになった人もいます。

 

子育てのために転職して、環境のよい仕事場を選ぶ看護師も少なくありません。
特に看護師の場合、子どものことと仕事との両立が難しいこともあり、日中のみ働くことができたり、働く日の少ないシゴトだったりが捜せると良いと思います。
育児の間のみ看護師の仕事をお休みするという人も多くいます。

 

でも、長い間は休めません。
それに、復職しても子育てと仕事を両立できないケースもありますから、そのことを考えて、事前に転職するのも良い手でしょう。

 

子育てのシングルマザーが多い病院などもありますから、そのようなことをチェックしておくべきでしょう。
また、違う職種の場合は、決まった時間帯に働くことが多いので、子育てには好都合になることも多いです。

 

違う職場に変わるときは、やはり充分な採用面接の対策をしておきましょう。
どんなに優秀でも面接担当者に嫌われるようなことがないようにしないと、看護師不足の現在でも採用されないこともあります。

 

良い雇用環境と思われる職場は、志願者数が多く難しいことがあります。
油断することなく謙虚な姿勢で採用面接に向かってください。
その場にふさわしいスーツ姿、はっきりした口調など、さわやかなイメージを強調しましょう。

 

↓の「看護のお仕事」のコンサルタントに相談してみましょう。
http://kango-oshigoto.jp

関連ページ

キャリアアップのための仕事選びとは
キャリアアップを考えて転職を検討する看護師も世の中にはいます。看護師としての腕を上げることで、高収入を狙うことも出来ます。
看護師は知識だけでなくて技術力も必要
看護師というのは、知識だけでなくて技術力も必要になってきます。
看護師の単発派遣バイト
私は30代看護師ですが、夫の転勤を機に派遣会社に登録し、今まで大学病院や総合病院で働いてきたので、少しお休みも兼ねてアルバイトで扶養の範囲で働くことにしました。
転職先の病院を探す方法
看護師として、働いている時、別の病院に転職をしたいと思うことがありますね。それは、結婚する時、育児をしやすい環境になりたいとき、人間関係に疲れたとき、仕事がきついと感じた時等、様々な理由があります。
地方の総合病院が狙い目?
田舎へ行けば行くほどに、看護師の給料は上がっていく傾向はある?とは言えないまでも、確かに田舎の総合病院の方が看護師の基本給自体も高いのですよね。
自分にマッチした仕事を探すためには
ナースがよりマッチした仕事を捜すなら、第一に待遇で何を重視したいのかをはっきりさせておきましょう。
自分に合った職場を選ぶ方法とは
よくあるのはキャリアアップのことを考えて転職を考えるケースです。
看護師の給料について
看護師の給料は安いと思っている人も多いようですが看護師は給料が非常に高い仕事です。
医療施設と夜勤について
看護師というのは、基本的に医療施設が営業している昼間の時間帯がメインに働く時間になってきます。
訪問看護師は看護師としてやりがいを感じます
私は以前、病院で働いていた事があります。その時、とても忙しい病院だったので、心身ともにクタクタになっていました。
年休が多いところに転職をする
同じ場所でずっと働いていると、慣れているのでいいと感じますね。私の場合もそのように思っていました。
介護老人保健施設の仕事とは
看護師の仕事は入居者の健康管理をするだけではなくて、医師や介護士、理学療法士、作業療法士などと共に協力しあい、入居者のリハビリを助ける事が仕事です。
訪問看護の仕事は気分転換ができる
看護師が働くとき、色々な場所で働くことになります。その働く場所の一つに、訪問看護があります。
保健師に転職した理由について
私の友人は、看護師として病院で働いていました。ところがそこで働くうちに、少し疑問を感じるようになったのです。
教育という仕事も考えてみよう
私の友人に、教育をすることが大好きという看護師がいます。その看護師は最初、個人病院で働いていました。
様々な働き方を実現できる看護師
自分の希望する働き方に応じて、勤務の在り方を決定できるケースが多いと考えられていることから、看護師として活躍できる場所が多く見受けられているのではないかと思います。
友人の紹介で大病院へ転職
昨年半ばに急に入院患者の為の夜勤勤務を命じられ、実際に担当してみると慣れない夜の勤務にはチョッと慣れるまでは大変でした。