介護老人保健施設の仕事とは

介護老人保健施設で働く看護師の利点とは

看護師の働き方はいろいろですが、介護老人保健施設で働く看護師もいます。
いわゆる老健と呼ばれる施設です。
ここで働く看護師に必要なスキルやメリットについて解説します。

 

コミュニケーションが重要

看護師の仕事は入居者の健康管理をするだけではなくて、医師や介護士、理学療法士、作業療法士などと共に協力しあい、入居者のリハビリを助ける事が仕事です。 
リハビリがスムーズにいかないと入居者も気持ちが落ち着かないですが、看護師はメンタルの部分でもケアしていく事が大事なのです。
ですからコミュンケーションが出来ないと務まりません。

 

介護の仕事をする事も多い

多くの介護施設においては医師が常駐していません。        
>ですから看護師が医療に関する責任をおうのです。
その事に責任を重く感じて負担に感じる人がいます。
ですがそんな中において介護老人福祉施設は医師の常駐が義務になっています。
したがって医療的な判断においては医師がして、看護師はその介助的な仕事をします。
そういう面においては病院の働き方に近いでしょう。
しかし、介護士の人と一緒に介護の仕事もさせられるので、仕事の分担が難しいところです。

 

 

 

介護老人保健施設(老健)で働く利点

 やはり看護師の喜びの一つには入居者が自立していく過程をまじかで見れる事でしょう。
他の介護施設と違うのは自立を促して家庭復帰させる事が目的の施設である事です。
入居者はリハビリをしていく中で少しずつ自立していき、最終的に自宅に帰るのか、あるいは回復が思うようにならないなら、別の介護施設に移ります。
看護師も業務の一つとしてリハビリを手伝います。
それから老健の場合には医師が駐在していますから、病院に近い働き方ができます。
医療行為をする時には看護師にとってはその責任の重みに関してだいぶ楽になるのです。

 

・介護老人保健施設(老健)で働くデメリット

この施設では看護師と介護士が一緒に働くので、仕事の境界がはっきりしない点があります。
というのは看護師が行う介助と看護師が行う介護は境界が引きにくく、お互いどこまで相手に求めていいのか、難しいところです。
そのために看護師と介護士の間でうまく折り合いがつかない事態になります。
また看護師にとっては夜勤は当たり前ですが、夜勤がきつくて嫌になる人もいる事でしょう。
介護老人保健施設では夜勤をする必要があります。           

 

ですから夜勤を避けたい人には厳しい職場です。
看護師が活躍する職場は複数ですから、このような施設がある事も知っておくと就職先の選択肢の一つになりますね。 

 

いま人気の求人サイト「看護のお仕事」
↓の「看護のお仕事」のコンサルタントに相談してみましょう。
http://kango-oshigoto.jp

関連ページ

キャリアアップのための仕事選びとは
キャリアアップを考えて転職を検討する看護師も世の中にはいます。看護師としての腕を上げることで、高収入を狙うことも出来ます。
看護師は知識だけでなくて技術力も必要
看護師というのは、知識だけでなくて技術力も必要になってきます。
看護師の単発派遣バイト
私は30代看護師ですが、夫の転勤を機に派遣会社に登録し、今まで大学病院や総合病院で働いてきたので、少しお休みも兼ねてアルバイトで扶養の範囲で働くことにしました。
転職先の病院を探す方法
看護師として、働いている時、別の病院に転職をしたいと思うことがありますね。それは、結婚する時、育児をしやすい環境になりたいとき、人間関係に疲れたとき、仕事がきついと感じた時等、様々な理由があります。
地方の総合病院が狙い目?
田舎へ行けば行くほどに、看護師の給料は上がっていく傾向はある?とは言えないまでも、確かに田舎の総合病院の方が看護師の基本給自体も高いのですよね。
自分にマッチした仕事を探すためには
ナースがよりマッチした仕事を捜すなら、第一に待遇で何を重視したいのかをはっきりさせておきましょう。
自分に合った職場を選ぶ方法とは
よくあるのはキャリアアップのことを考えて転職を考えるケースです。
違う職種へ転職するときの注意とは
専門職である看護師が転職を考える際、違う職種へ転職しようと思う人も多いようです。
看護師の給料について
看護師の給料は安いと思っている人も多いようですが看護師は給料が非常に高い仕事です。
医療施設と夜勤について
看護師というのは、基本的に医療施設が営業している昼間の時間帯がメインに働く時間になってきます。
訪問看護師は看護師としてやりがいを感じます
私は以前、病院で働いていた事があります。その時、とても忙しい病院だったので、心身ともにクタクタになっていました。
年休が多いところに転職をする
同じ場所でずっと働いていると、慣れているのでいいと感じますね。私の場合もそのように思っていました。
訪問看護の仕事は気分転換ができる
看護師が働くとき、色々な場所で働くことになります。その働く場所の一つに、訪問看護があります。
保健師に転職した理由について
私の友人は、看護師として病院で働いていました。ところがそこで働くうちに、少し疑問を感じるようになったのです。
教育という仕事も考えてみよう
私の友人に、教育をすることが大好きという看護師がいます。その看護師は最初、個人病院で働いていました。
様々な働き方を実現できる看護師
自分の希望する働き方に応じて、勤務の在り方を決定できるケースが多いと考えられていることから、看護師として活躍できる場所が多く見受けられているのではないかと思います。
友人の紹介で大病院へ転職
昨年半ばに急に入院患者の為の夜勤勤務を命じられ、実際に担当してみると慣れない夜の勤務にはチョッと慣れるまでは大変でした。