実質サービス残業となることは割りとある

実質サービス残業となることは割りとあるのは仕方ない?

看護師の仕事だって、時間通りキッチリきりよく終わることなんて、あまりなかったりもしていますよね。まあたいていの仕事がそうであるとは言えるのですけれど。
看護師の仕事も持ち場によっては、わりあいキッチリと定時通りに終わることもあります。
たとえば、あまり患者さんが来ない外来が持ち場だったりしますと、患者さんが来ない時に雑務ができたりしますので、定時通りにしっかり余裕を持ってあがれたりもするのですよね。

 

けれども、病棟勤務だったりしますと、まああまり定時通りには上がれなかったりもしますよね。とは言え、やっぱりそれは勤務する病院によっていたりはするでしょうし、一概には言えない部分は大きいですけれど。

 

 

それに個人医院だって、実質的には残業が多かったりするという話も聞きますからね。
かといって、まったくもって残業となる病院の話も聞きますから、まあ一概には言えないということで。
さて、サービス残業の話に戻りますけれど、やっぱり時間通りにキッチリとは終わらないことが多いものですから、1時間は超えないものの毎日何十分かは実質「残業」とはなっていますよね。「退勤時間が来たぞー!」「はい、帰るぞー」とはその時の仕事的にならないことが多いですし、それにやっぱり周りの目がありますからね…。

 

「子供がなにやらで〜」といったようなある意味では大義名分があれば、定時通りに退勤もしやすかったりするのですけれど、とかく独身の場合はなんとなーくですが定時通りにサッサとあがる雰囲気がないといいましょうか。
そんな空気は、私も独身時代には大いに感じていたかなーなんて今思い返してみてもありますね。
まあ看護師の職場でも多少のサービス残業あるということで。

 

 

↓の「看護のお仕事」のコンサルタントに相談してみましょう。
http://kango-oshigoto.jp

関連ページ

意外と知られていない重労働な仕事内容
「看護師」について、皆さんはどんなイメージを持たれていますか?
看護師の給料はどんなもの?
看護師という職種は、いつの時代でも求人は安定しているという印象があります。常に人材不足で求人は引く手あまたで、どの病院でも看護師の人員が慢性的に不足している感じがしています。
看護師の給料の違いについて
看護師は、病棟勤務と外来勤務では全くといっていいほど、お給料が違ってきます。
夜勤勤務のあれこれ
看護学校を卒業して公立病院勤めを始めて既に4年少々程になりますが、勿論、婦長さんのように超ベテランもおりますが、同じ世代の同僚達や仲間たちから見ると、マダマダ若年どころと言えるかもしれません。
フライトナースのお仕事
フライトナースをご存知ですか?ピンとこない人が多いのではないでしょうか?フライトナースとは医療用ヘリコプターに乗り、患者のもとに駆け付け救急救命する看護師の事です。ここではフライトナースについて解説します。
看護師であることのメリットについて
看護師として資格を取得していると、とてもメリットを感じることがあります。
病院からの支給品について
実際には支給品が充実している病院のほうが多いために、わざわざ自腹を切る必要はないのです。
男性も増えている動向に注目したい
看護師という職業は、以前から女性中心という印象が強く、現実に男性の方は数は少ないです。
看護師の転職市場の活性化
多くのところで転職を希望する看護師が存在するようになり、受け入れたいと希望する医療関連の職場も増加していることから、このような傾向が際立っていると言えるのではないでしょうか。
患者さんの気持ちを理解する事
看護師という職業は、患者さんの対応をしたり、入院施設がある所ですと患者さんの日ごろの世話をしていく事になってきます。
冬場は勤務交替が多い季節
冬場になると、一般的にはインフルエンザが流行ったり、胃腸炎が流行ったりします。
訪問看護の仕事について
訪問看護師の仕事は、病気や怪我等で在宅で寝たきりのかた、医学的管理やリハビリが必要な方、病気や療養生活に不安を抱えている方、あるいはその家族のケアとサポートを行うためにご利用者の自宅に直接訪問して、一人一人に合った看護を提供することです。
転職するという選択肢は最後の手段
看護師の需要は年々高まっています。高齢化社会を迎え、介護施設等の福祉の現場でも多くの看護師が必要となってきたのが背景にあります。
資格は若いうちに取っておく
看護師資格は20代ですとか、30代のまだ記憶力が冴えている若いうちに取っておいた方がいいと感じています。
看護師さんは心の支え
私は看護師さんからケアを受ける立場でしたが、看護師さんの仕事はとてもハードで体力が資本だと思いました。
若い看護師の良いところ
若い看護師さんが入職をすることによって、かなり職場の雰囲気が変わるということです。
ナースのユニフォーム
以前はナースキャップもありましたが、衛生上の問題で現在は使用されていないところが多いです。
看護師の教育とは
専門学校教育で臨床における即戦力となる看護師を育成する時代から、大学や大学院で患者の為に考え、判断し、研究活動にも着手する看護師教育へとシフトしています。
看護師の恋愛事情とは
ところで、私を含めて女性の看護師達の恋愛事情というのは、一般的には厳しいようです。周囲を見渡しても年を経た独身の看護師さんも結構おられるようで、其の理由として男性との本当の出会いの機会や時間がないということでしょう。
足元のケアも大事なんです
前までは足が臭いと嫌味を言われるのは男性の役割でしたが、今では本当は女性の方が足が臭い事は広く知られています。
看護資格は生涯のライセンス
どのような職種であっても多かれ少なかれ就労というのはキツイものですし、汚い・キケンにしても看護職に限ったことではありません。